システム監査技術者試験 〜 「IT・パソコン資格試験情報ガイド」


IT・パソコン資格試験
システム監査技術者試験
システム監査技術者試験とは、高度IT人材として、被監査対象から独立した立場で、情報システムや組込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検、評価し改善を勧告することができるレベルであるかを問われる国家試験。
応用情報技術者試験の1ランク上の試験で、専門的な知識を必要とする高度な試験。
情報処理の国家資格の中ではもっとも難しいレベル(レベル4)の資格試験です。
毎年1回、春(4月)に実施されます。

受験資格
誰でも受験可能。

受験料金
5,100円(消費税込み)

申し込み方法
<インターネットでの申し込み>
情報処理技術者試験センターのホームページ(http://www.jitec.ipa.go.jp/)にアクセスし、手順に従って申し込みを行います。
<郵送での申し込み>
郵便局の貯金の窓口から受験手数料を払いこみ、封筒、願書に必要事項を記入して「簡易書留」で郵送します。

<団体経由申し込み>
10名以上の個人申し込みをまとめて行いたい場合、団体経由申し込みが可能です。
詳しくは情報処理技術者試験センターのホームページ(http://www.jitec.ipa.go.jp/)にてご確認ください。

試験日程
平成22年度・春のシステム監査技術者試験は下記の日程です。

受験案内等配布開始
受付期間
受付期間(インターネット)
試験日(毎年10月の第3日曜日)
合格発表

試験内容
平成22年度・春のシステム監査技術者試験は下記の内容です。

試験 出題形式 出題数 解答数 時間
午前T 多枝選択式
(四肢択一)
30問 30問 9:30〜10:20
(50分)
午前U 多枝選択式
(四肢択一)
25問 25問 10:50〜11:30
(40分)
午後T 記述式 4問 2問 12:30〜14:00
(90分)
午後U 論述式 3問 1問 14:30〜16:30
(120分)

<午前T>・・・30問×3点または4点=100点
 システムアーキテクト試験、ネットワークスペシャリスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験、ITサービスマネージャ試験との共通問題
テクノロジ系(IT技術)
 基礎理論(基礎理論、アルゴリズムとプログラミング)、コンピュータシステム(コンピュータ構成要素、システム構成要素、ソフトウェア、ハードウェア)、技術要素(ヒューマンインタフェース、マルチメディア、データベース、ネットワーク、セキュリティ)、開発技術(システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術)

マネジメント系(IT管理)
 プロジェクトマネジメント(プロジェクトマネジメント)、サービスマネジメント(サービスマネジメント、システム監査)

ストラテジ系(経営全般)
 システム戦略(システム戦略、システム企画)、経営戦略(経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリ)、企業と法務(企業活動、法務)

<午前U>・・・25問×4点=100点 太字が重点分野
テクノロジ系(IT技術)
 技術要素(データベース、ネットワーク、セキュリティ)、開発技術(システム開発技術)

マネジメント系(IT管理)
 サービスマネジメント(サービスマネジメント、システム監査

ストラテジ系(経営全般)
 経営戦略(経営戦略マネジメント)、企業と法務(企業活動、法務

<午後>・・・午後T:2問×50点=100点 午後U:1問
1.情報システム・組込みシステム・通信ネットワークに関すること
経営一般、情報戦略、情報システム、組込みシステム、通信ネットワーク、ファイルシステムやデータベース、ソフトウェアライフサイクルモデル、プロジェクトマネジメント、IT サービスマネジメント、リスク管理、品質管理、情報セキュリティ関連技術、情報セキュリティポリシ、事業継続管理 など

2.システム監査全般に関すること
IT ガバナンス、IT 統制、情報システムや組込みシステムの企画・開発・運用・保守の監査、業務継続管理の監査、システム開発プロジェクトの監査、情報セキュリティ監査、個人情報保護監査、他の監査(会計監査、業務監査)との連携・調整 など

3.システム監査の計画・実施・報告に関すること
監査計画、リスクアプローチ、監査の実施、コンピュータ支援監査技法、ディジタルフォレンジックス、監査報告、フォローアップの実施、システム監査業務の管理(監査業務の品質管理を含む) など

4.システム監査関連法規に関すること
情報セキュリティ関連法規、個人情報保護関連法規、知的財産権関連法規、労働関連法規、法定監査関連法規、システム監査及び情報セキュリティ監査に関する基準・ガイドライン・施策、内部監査及び内部統制に関する基準・ガイドライン・施策 など

採点方式、配点、合格基準
採点方式は素点方式(正解した問題の配点を合計する方式)です。
午前T、午前U、午後T、午後Uの得点がすべて基準点以上の場合に合格となります。

時間区分 配点 基準点
午前T 100点満点 満点の60%
午前U 100点満点 満点の60%
午後T 100点満点 満点の60%
午後U -

※・・・設問で要求した項目の充足度、論述の具体性、内容の妥当性、論理の一貫性、見識に基づく主張、洞察力・行動力、独創性・先見性、表現力・文章作成能力などを評価の視点として、論述の内容が評価されます。また、問題冊子で示す“解答に当たっての指示”に従っていない場合は、論述の内容にかかわらず、その程度によって評価を下げられてしまうことがあります。

試験地
札幌、帯広、旭川、函館、青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山、水戸、土浦、宇都宮、前橋、新潟、長岡、埼玉、千葉、柏、東京、八王子、横浜・川崎、藤沢、厚木、長野、甲府、静岡、浜松、豊橋、名古屋、岐阜、四日市、富山、金沢、福井、滋賀、京都、大阪、奈良、神戸、姫路、和歌山、鳥取、松江、岡山、福山、広島、山口、徳島、高松、松山、新居浜、高知、北九州、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇
※試験地は、周辺の市町村を含みます。藤沢試験地は、小田原地区を含みます。

合格率
情報処理技術者試験センターにて発表されている、応募者数、受験者数、合格者数です。

年度 応募者数 受験者数 合格者数 合格率 合格倍率
平成21年 5,313 3,271 455 13.9% 7.19倍
平成20年 7,347 4,145 422 10.2% 9.82倍
平成19年 7,091 3,982 397 10.0% 10.03倍
平成18年 7,015 3,822 369 9.7% 10.36倍
平成17年 9,097 4,806 353 7.3% 13.61倍
平成16年 9,133 4,716 335 7.1% 14.08倍
平成15年 9,241 4,707 350 7.4% 13.45倍
平成14年 8,383 4,160 286 6.9% 14.55倍
平成13年 6,729 3,282 236 7.2% 13.91倍


午前試験の免除
以下のいずれかの場合、本人の申請によってその後2年間、午前T試験が免除されます。
応用情報技術者試験に合格する
・いずれかの高度試験に合格する
・いずれかの高度試験の午前Tで基準点以上の成績を得る

その他
合格者の受験番号は情報処理技術者試験センター本部、支部またはホームページで確認できます。詳しくは情報処理技術者試験センター・ホームページをご確認ください。
■情報処理技術者試験センター
http://www.jitec.ipa.go.jp/



この資格に興味がある人はこんな資格もチェックしています。


IT・パソコン資格試験情報ガイド > 国家資格 > システム監査技術者試験
Copyright (C) 2009 IT・パソコン資格試験情報ガイド All Right Reserved.